地方と都心部の交通量の差

[ サイトマップ ]

スポンサードリンク

地方と都心部の交通量の差が気になります



地方の教習所に合宿して免許を取得する場合、比較的交通量の少ない場所で教習が行わることになりますよね。


合宿免許で地方で取得して、都心での激しい交通量についていけるのか。

同じような交通量のエリアに居住しているのであれば、全く問題はありません。


反面、交通量の激しい都市部、特に首都圏など、かなり交通量の多いエリアを運転することになるような方々は、やはりそのギャップに戸惑うことになると思われます。


特に、仕事でどうしても利用しなければいけない機会がない場合など、そのままペーパードライバーになってしまうというケースもあります。


いずれにしても合宿でも通学でも、免許を取得できたからといって、すぐにベテランドライバーのようなスムーズで快適な運転ができるわけで決してありません。


別の言い方をすれば、免許を取得できた日がスタートラインでもあり、そこから日々実際に車を使うことによって自身の運転技能や経験値が上がっていくわけです。


ちょうと、新入社員が入社してスタートラインに立ち、半年、1年、2年と過ぎていき、だんだんと一人前のビジネスマンに成長していき、いつしかベテランと呼ばれる域に到達していく・・・


例えるとそんな感じになるわけなんですね。


それでも交通量に歴然とした差は残るのでは・・・

ドライバーとしての技能は免許を取得してからだ、というのは理解できるものの、取得後すぐに都心での運転を始めなければならない・・・


そのようなケースだと教習の段階からできるだけ慣れておきたいとお考えになる方もおられると思います。


なおかつ、短期間での取得を望んでいる・・・


そのような場合は、都心周辺のエリアや地方でも県庁所在地など交通網が発達していて、交通量もかなり多いようなエリアの教習所をご検討されることをオススメします。


たとえ地方都市であっても、都心と同水準までの交通量ではないにしろ、かなりの規模に達している都市はいくらでもあります。


そのようなエリアを、取得後に運転を予定してる都心部に見立てて意識的に教習を重ねると、比較的良い結果を得られるでしょう。


その辺りにフォーカスして、情報の収集や検討を進めてみてはいかがでしょうか。


資料を請求して情報収集されたい方は 「おすすめの代行業者」へ ⇒