合宿免許の斡旋会社の資料を利用する

[ サイトマップ ]

スポンサードリンク

合宿免許の斡旋会社の資料を利用する




斡旋会社の資料には全てが載っている

合宿免許の斡旋会社さんは、「合宿免許」などでネット検索してみると非常に多くリストアップされます。


合宿免許の斡旋会社の資料は大いに活用できます。

OMCや丸井などクレジットカード事業を展開している会社、その他、合宿免許受付代行を専門としている会社など、本当に様々な業者さんがいます。


それらの業者に資料請求すると、非常に詳しい解説がのっているパンフレットが送られてきます。


実際、資料を請求してみたんですが、これが非常に詳しくてわかりやすい冊子でした。


私自身この手の資料を請求すると、後々、電話がきたりいくつも資料が届いたりと何かと面倒なんじゃないか・・・そう思っていたので敬遠していたんですが、実際請求してみるとその印象はガラッと変わりましたね。


業者さんにもよりますが、ほとんどの場合、翌日か翌々日辺りまでには資料が届きます。


私はちまちま請求するのが面倒だったので、どうせ請求するならと、8社程度の業者さんから資料を請求しましたが電話があったのは2社程度でしたし、その場合も勧誘は一切なく、住所の確認を口頭にて行うための電話連絡という感じでした。


ただ、私のように複数の業者へ資料請求する場合、一度に全て請求してしまうと、情報の渦に飲み込まれしばらく頭の中が混乱してしまう可能性もあります。


最初は2〜3社程度にしておいて、あくまでも合宿免許の大まかな全体像の把握を念頭に置いた情報収集に徹した方が良いかもしれません。



この段階でのチェックポイント

  1. 平均的な料金体系
  2. 料金に含まれる内容
  3. 宿泊施設の基礎的な情報
  4. 疑問や不明点があればメモ(冊子に書き込んでしまうのもOK)
  5. 自分の要望を大まかにリストアップ

次の記事 「斡旋会社を上手に活用し理解度アップ」へ ⇒


資料を請求して情報収集されたい方は 「おすすめの代行業者」へ ⇒

合宿免許の斡旋会社の資料を利用する に関連する記事

まず、情報を集めてみましょう
合宿免許の教習所選びの第一歩は、まず情報を収集することから始まります。
斡旋会社を上手に活用し理解度アップ
合宿免許をさらに理解すべく、斡旋会社からの資料に加え、直接電話にて疑問点をぶつけてみる・・・実は、かなり効果的です。
何を優先させるかを決める
合宿免許の教習所を選択していくには、優先事項を決定していくことが重要です。そこから振るい落としの作業に入ります。
複数の資料を入手しないと損することも
合宿免許の斡旋会社間では、細かい部分で費用に差が生じるケースがあります。教習所選びには、複数の会社から資料を請求するのがコツです。
なぜ斡旋会社を経由させるのか・・・
合宿免許を申し込む際、なぜ斡旋会社を経由させるのでしょうか。それには、納得できる理由がありました。