合宿免許の空き時間の過ごし方

[ サイトマップ ]

スポンサードリンク

空き時間の過ごし方




スケジュールなどにより生じる空き時間

空き時間の過ごし方もいろいろなケースがありますが、結局のところ、教習所サイドで組まれたスケジュール、教習生が所持している免許の種類等によってかなり変わってくるといえます。


免許合宿中の空き時間を有効活用しましょう。

同時に、運転免許教習の構造的なことも影響します。特に第一段階では、技能教習が1日2時限までと決められてますので、仮に学科教習が全て終わっているような状態になれば、修了検定までの間、比較的空き時間ができることが多いです。


第二段階に入ると技能教習が3時限に増えるので、第一段階と単純に比較すると空き時間は減ってきますし、卒業後の学科試験を見据え、追い込み的な自主勉強など、空き時間を空き時間として使えない要因もでてきます。


空き時間をどう使うのか

空き時間をどう使うかは、これも各教習生次第です。基本的にまとまった時間になることは少ないので、ほとんどの場合、教習所内に準備されている漫画や雑誌、PCなどで時間をつぶしているようです。


それ以外は、はやり、効果測定に向けた学科の勉強でしょう。テキストを読み返したり、PCにて練習問題に何度もトライしたりと、本分である合宿免許の取得に沿った空き時間の使い方が多いですね。


観光や市内散策などをしたという方も結構おられます。これについては、様々な要因が影響しますが、地方でも比較的規模の大きな都市周辺であれば、いろいろと楽しむことはできます。


市街地に隣接したような教習所であれば、なおさらですよね。


さらに、観光スポットや名所などが、教習所から比較的近い範囲内に点在したりしていると、短時間で観光を満喫・・・なども可能になります。


観光などしている暇はない・・・という声が結構多いが・・・

観光などに使っている時間はない・・・などの体験をよく耳にしますが、一概にそうとは言い切れません。


現に、短い時間を上手に活用し、ご当地の観光やグルメをしっかり堪能し、もちろん、免許も1時間の延長だけで取得していった方を知っておりますので。


もちろん、観光旅行に来たかのような時間の使い方はできるはずはありませんが、市内を少し散策してみたり、ちょこっと観光スポットを見にいくだけで観光気分を体感できるというのであれば、時間の使い方次第で、けっこう楽しく観光までしてきたよーというケースは実在しています。


いずれにしても、観光を考えているのであれば、あらかじめ情報を集めるなり、教習所だけでなく周辺のエリアについても調べておくなど事前の準備が必要になります。


現地についてから調べ始めても間に合いませんよね。観光だけのために訪れているならまだしも、本分は合宿免許にあるわけですから。


教習所サイドで近場の海水浴場への送迎の準備を整えてあり、また、それがその教習所のセールスポイントになっているようなケースでは、何度か海水浴を体験した方も非常に多くおられます。


これも立派な観光ですよね。


あくまでも本分は合宿免許。その合間を縫って上手に観光するというスタンスになりますが、自分の選択次第でどうにでもなります。合宿して免許を取得しつつ、ちゃっかり観光まで楽しむことは十分に可能です。


次のカテゴリ 「合宿免許のメリット」へ ⇒


資料を請求して情報収集されたい方は 「おすすめの代行業者」へ ⇒

空き時間の過ごし方 に関連する記事

現金をいくら持っていく?
合宿免許に現金をどの程度持って行くのかは悩むところですよね。金額を決める際に参考になる事項をお伝えしています。
合宿中の通信手段の確保
合宿免許の通信手段を確保することは非常に大事だったりします。携帯電話やインターネットなど候補はいくつかありますが、やはり事前にできる限り確認しておけると良いですよね。
合宿所の様子
合宿免許のプランの中で最もリーズナブルなのは合宿所への宿泊タイプですが、合宿所の様子ってどんな感じなんでしょうか。