合宿中の通信手段の確保を事前に確認

[ サイトマップ ]

スポンサードリンク

合宿中の通信手段の確保




通信環境は大事ですね

合宿免許に出かけると、約2週間〜3週間の間、友人や家族、仕事の関係者など、普段、頻繁に連絡をとったり直接会ったりしてコミュニケーションを交わしている方々としばらく離れることになります。


合宿免許の通信手段の確保を事前に確認しましょう。

2〜3日ならまだ何とかなりますが、2週間〜3週間ともなってくると、さすがに全く連絡をとらないというわけにはいかないと思います。


周りも不安だし、教習生自身も不安ですよね。


合宿免許にノートパソコンを持っていかれる方も多いと思います。外部とのやり取りが携帯電話ではなく、PCのメールをメインとしている方にとっては、むしろ、携帯電話より重要度が高いかもしれまぜん。


そうなると、合宿先でインターネットに接続できる環境が必要になりますよね。ただ、その重要度によって、あらかじめ確認しておくべき内容が変わってきます。


仕事を平行して進めている場合

仕事を抱えたまま合宿免許に参加している方って、正直、あまりいないとは思います。


ただ、場合によっては会社から派遣されているケースもありますし、独立されている方などでは、ネット環境があればという条件付きで合宿に参加されておられるケースも実際に存在します。


その他、様々なケースが考えられますが、PCでインターネットに接続する必要がある環境の方って、実は結構おられるんですよね。


そのような場合は、やはりノートパソコンを持参されて、合宿先で接続できる環境が必要になるでしょう。


教習所によっては、校舎内や合宿所にインターネットに接続できる環境を整えているところがあります。


中には、各部屋で使用できるようになっているケースもあれば、PCルームのような共有スペースになっていたりもします。


いずれにしても、合宿免許に参加しながら、自分のノートパソコンでインターネットを使える教習所はありますので、事前によく探してみると良いでしょう。


そこまで重要ではないが・・・できれば使いたい

できればメールチェックなどを行いたいし、PCでネットサーフィンしたい。ただ、仕事などで使うわけではない・・・というのであれば、選択肢はかなり増えます。


まず、教習所にはPCが準備されている場合が非常に多いですし、それをそのまま利用すればいいわけです。


さらに、インターネットカフェという手段もあります。


できれば使いたい・・・という程度であれば、合宿先に到着して、すぐ当日から利用したいということでもないでしょうから、数日以内に近場のネットカフェを探して入会し、その後、教習と教習の合間にチェックするとか、教習が終わってからゆっくりと・・ということも可能です。


こうなると、かなり選択できる教習所の数も増えますので、教習生にとっては都合がよくなりますね。


携帯電話の電波

PCもさることながら、携帯電話を持っていく人は非常に多いでしょう。メールもできますし、ネットもできる。そして何と言っても通話できますからね。


友人や家族と連絡をとるのにもっとも手軽な手段です。そうなると、合宿先での電波状況が気になりますよね。


これに関しても事前にチェックしておきましょう。


確実なのは、候補の教習所に直接電話やメールなどで問い合わせてみることです。100%とまでいかなくても、非常に高い確率で正確な状況を把握することが可能です。


合宿先では、プレッシャーやストレスからスランプに陥ってしまうケースもしばしばです。


そのような場合には、はやり、電話にて直接、友人や家族と声でコミュニケーションをとることができると、スランプから抜け出しやすいです。


携帯電話の電波は、そのような観点からもかなり重要なチェックポイントとなりますので、やはり、事前に確認しておくと良いでしょう。


次の記事 「合宿所の様子」へ ⇒

合宿中の通信手段の確保 に関連する記事

現金をいくら持っていく?
合宿免許に現金をどの程度持って行くのかは悩むところですよね。金額を決める際に参考になる事項をお伝えしています。
合宿所の様子
合宿免許のプランの中で最もリーズナブルなのは合宿所への宿泊タイプですが、合宿所の様子ってどんな感じなんでしょうか。
空き時間の過ごし方
免許合宿中に空き時間ってちょこちょこ出てきます。これをうまく使って、免許はもちろん、プラスαでさらに楽しんで見ましょう。