合宿免許期間中にスランプ!?

[ サイトマップ ]

スポンサードリンク

スランプに陥ることも




2〜3週間、短いようで結構長いです

通学でも合宿でも、今まで未経験のことに挑戦しているわけで、その間には、うれしい事も落ち込む事もあるのが普通です。


合宿免許では精神的なスランプに陥ることも

通学であれば自宅がベースであり、まわりには両親、友人、パートナーなど親しい人々もたくさんいる中で教習所に通います。


教習中、うまくいかなかったり、対人関係で悩んだりしても、相談したり愚痴る相手もいるわけなんですが、合宿だと非常に孤独な状態でそれらと対峙しなければなりません。


落ち込んだりスランプに陥ること自体は普通のことだと言えますが、問題はいかにそこから脱出するかです。


通常の環境であれば脱出の仕方も手馴れたものだ、という人も多いと思うのですが、合宿だと何かと勝手が違います。


慣れ親しんでいる自分の部屋もなければ、仲のよい友人が近くに住んでいるわけでもありません。


お気に入りのお店もなければ、リラックスするためのバスタイムを楽しむ環境など、全てが異なった状態になっているんですね。


気分を高める何らかの対策も効果的

合宿免許を選択する方々は、このあたりについて何らかの準備をしておくと良いかと思われます。


多少荷物になっても、どうしても身近に置いておきたいものは、思い切って持参することも良い影響を及ぼしてくれるかもしれません。


出発前に、その辺りのことにも考えを巡らせて、自分にとって効果的だと思われる準備をされることとをオススメします。同時に、合宿先で癒し効果を与えてくれるお気に入りのお店やスポットなど、いちはやく見つけてしまうのも方法かもしれませんね。


年末年始のシーズンを狙って、一時帰省が含まれているプランに参加するのも効果的といえます。


次のカテゴリ 「教習所選びの進め方」へ ⇒


資料を請求して情報収集されたい方は 「おすすめの代行業者」へ ⇒

スランプに陥ることも に関連する記事

全く知らない土地での合宿教習
合宿免許での2〜3週間は、どうしても知らない土地での教習期間になります。対応策などを講じて乗り切りましょう。
慣れない天候条件であるケースも
合宿免許では、普段、遭遇しない天候条件の中で教習を行うこともありえます。事前に現地の状況を把握するなども得策です。