慣れない天候条件も

[ サイトマップ ]

スポンサードリンク

慣れない天候条件であるケースも




やはりメインは雪対策

日本という国も、決して広い国ではないんですが、北と南では天候に大きく違いがありますよね。


合宿免許では慣れない天候条件下での教習になることも

雪なんてみたことない・・・
40度近くの高温なんて体験したことがない・・・



などなど、出身地、生活しているエリアによって、普段から慣れている天候や気象条件なども様々ですよね。


合宿免許のパンフレットなどを見ると、観光を兼ねた旅行的な気分を体感できる・・・そのようなフレーズも確かに踊ってはいます。


ただ、雪とは無縁の沖縄に住んでいる方を例にとってみると、当然、雪が降っている状況下で両親の運転する車に乗ったことや、吹雪の夜に運転するタクシーの運転手さんの姿などに遭遇したことはないでしょう。


そんな方が、雪国の教習所に年末年始、旅行を兼ねて合宿免許を取得するために出発!


聞くだけだと、なかなかおもしろそうな感じもしないでもないですが、実際に、雪国の見知らぬ土地で、吹雪の中、夜間の教習をすることになったとしたら・・・


天候の違いも考慮に入れるべき

これはちょっと極端な例えかもしれませんが、このような状況、或いは、似たような状況もあるとういことを、しっかりとイメージしてから、合宿先を選択すべきでしょう。


いずれ、雪国も運転する機会があるだろうから、今のうちからやっておくのも悪くないと思える人もいるでしょうし、実際、雪国での過酷な環境の教習を、なんなくやってのけてしまう人もたくさんいます。


反面、そのような環境ではうまく教習が進まないという方もおられると思います。


できるかできないかは教習生本人が決定すれば良いのですが、少なくとも、そのような状況での教習もある、ということだけは明確に認識しておくべきでしょう。


合宿するエリアの天候、気象条件などが、教習にどう影響するかも事前に考慮すべきですね。


次の記事 「スランプに陥ることも」へ ⇒


資料を請求して情報収集されたい方は 「おすすめの代行業者」へ ⇒

慣れない天候条件であるケースも に関連する記事

全く知らない土地での合宿教習
合宿免許での2〜3週間は、どうしても知らない土地での教習期間になります。対応策などを講じて乗り切りましょう。
スランプに陥ることも
合宿免許の環境は通常の生活環境とは異なってきます。慣れない環境の中で免許を取得するにあたり、やはり準備活動を充実させることが大事です。