合宿免許の費用・料金体系と季節の関係

[ サイトマップ ]

スポンサードリンク

合宿免許の料金体系と季節性




合宿免許の料金は季節と連動

合宿免許の料金を考えるとき、まずは時期によって大きく価格が異なることを理解する必要があるでしょう。


以下は、東海地方に実在する自動車学校の合宿教習料金です。


4月 24万7000円
5月 24万7000円
6月 24万7000円
7月 24万7000円
8月 27万8000円
9月 24万7000円
10月 24万7000円
11月 24万7000円
12月 24万7000円
1月 24万7000円
2月前半 27万8000円
2月後半 30万2000円
3月第1週 30万2000円
3月第2・3週 27万8000円
3月後半 27万8000円

これを見てみますと、料金体系は大きく3つに分かれていますね。

  1. 24万7000円
  2. 27万8000円
  3. 30万2000円

時期的には以下の月が割高となっています。


  • 8月
  • 2月
  • 3月

さらに見てみると、 2月後半〜3月第1週にかけてが、最も高いシーズンになっています。



合宿免許参加者と季節性

季節ごとの参加者はどのようになっているのか、ここで、少し考えてみましょう。割高なシーズンである、8月、2月、3月についてフォーカスしてみます。


8月は夏休みにあたり、主に大学生が参加してきます。


2月は卒業が間近に迫った高校生が参加してきます。この場合、合宿免許に高校生が参加してきているかは、各教習所によって異なると思われますが、概ね、通学がその中心となっていると思われます。


高校生の通学組みで教習所が大変な混雑状態となるため、合宿料金にも飛び火していると判断するのが妥当と言えそうです。


3月は春休みですね。高校生を中心に、もちろん、大学生もかなり参加してくるものと思われます。


この料金体系は実在する教習所の料金体系とはいえ、それぞれの教習所で金額やシーズンの設定などは異なります。特に、金額についてはかなり違いが出てきますので、各教習所にて詳細は確認する必要はあります。


ただ、時期と料金の変動という観点から見れば、概ね上記の体系と大きく異なることはないと思われます。基本的には同じような「時期ごとの変動」になっています。


次の記事 「年齢による料金への影響」へ ⇒


資料を請求して情報収集されたい方は 「おすすめの代行業者」へ ⇒

合宿免許の料金体系と季節性 に関連する記事

年齢による料金への影響
合宿免許の総費用は教習生の年齢によっても差が生じることがあります。どのようなケースにおいて年齢による教習料金の差が出てくるのかについてお伝えしています。
合宿免許の交通費
合宿免許では、居住しているエリアからかなり遠くまで行くことも珍しくありません。その際の交通費支給と自己負担に関してお伝えしています。